グルコサミンの価格で迷った話|膝痛サプリに投資すべき金額は?

  • LINEで送る

我が家では祖母・母・そして自分の3人でグルコサミンを愛用しています。
3人分となると、グルコサミンにかかる費用も半端ではありません。

一人だけで飲んでいるなら月に数千円程度。
しかし、3人いたらその3倍。
1万円を超えてしまうわけです。

だからグルコサミン価格は、我が家にとっては非常に重要な問題です。
結局は大正グルコサミンを選んだのですが、そこに至るまでに紆余曲折がありました。

グルコサミンの価格はいくらが妥当なの?

飲み始める前には、グルコサミンを飲んだからといって膝痛が治る保証はありません。
グルコサミンは健康食品です。
そのため、国もメーカーも薬事法という法律のせいで効果に関しては明確に言わない。

サプリって結構高い?

そのうえ、3人で同時にサプリを飲んでいたら毎月1万円ずつの出費になるわけです。

正直「膝痛サプリの価格ってそんなに出す意味あるの?」と思って、買うか買わないか迷いました。

結局、一番老齢の祖母が飲み始めて母は付き合い程度で飲むことになったのが最初でした。

サプリにいくらかけられる?私は3000円ぐらい

サプリにいくらコストをかけるのかはもちろん価値観によって差が出ると思います。
でも、5,000円ほど出せば平日のスポーツクラブの会員になれる時代です。
それと「効果あるかもわからないサプリ」が同等の価格というのは、どう考えても受け入れられません。

そう思って、1か月のサプリにかけられる価格は3,000円以内かな、と考えてグルコサミン選びを始めました。

グルコサミンの多い物・少ない物がある

そして、一番最初に買ったのは「やわたの国産グルコサミン」です。
1日あたりの費用に換算すると66円ほどでとても安いので、これなら良いかなと思って買ってみました。

でも、色々と調べていくうちに、グルコサミンは品物によって含まれているグルコサミンの量が違うということが分かりました。
こんなの最初からドラッグストアで教えてくれればよいのに、誰も教えてくれないんですよね。

グルコサミンの量は結構差がある

そこで、グルコサミンの量が多いものにするとしたら、製薬会社のグルコサミンが良いのではないのかということになって、小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセットに出会いました。

これだと、1日当たりのコストは90円弱で、やわたのグルコサミンの1.5倍の価格です。
でも、含まれているグルコサミンの量が2倍入っているので、こっちのほうが得なのでは?という感じで飲んでいました。

安すぎるサプリは怪しい?

そんな矢先にDHCのグルコサミンの方が安いという情報を入手して、大いに迷うことになりました。
DHCにすると、1日のコストが40円くらいになるのですから。

しかし、そのときに母が「安すぎるのって怪しくないの?」と言い始めたんです。
祖母は「中国産だったら嫌だ」みたいなことを言うし・・・。
確かに、私自身も中国産の健康食品は、変な工場で作られていたりしたら怖いという気持ちはありました。

気になったのでDHCに電話して色々と聞いていたら、中国でグルコサミンの抽出までやっているということが発覚したのです。
速攻でDHCのグルコサミンを候補から消しました。
価格がどれほど安くても健康を害する危険性があるかもしれないサプリは嫌ですよね。

グルコサミンは飲みやすく、1日の価格が100円くらいのものを

飲み始めて数ヶ月たっても、祖母はあまり効果を実感できなかったようです。
一方で、続けているうちに母の肩が上がるようになりました。
宣伝文句通り、立ち上がったり歩いたりという日常動作が本当にスムーズになってきました。

やっぱりグルコサミンって効果があるんだと思ったら、サプリに投資するのも悪くないなと思えてきました。
膝痛に効果があるのなら多少の価格はしょうがない、という感覚です。

そして、その範囲内で一番飲みやすいグルコサミンを探すとなったら最後に大正グルコサミンに落ち着きました。
一人につき1日100円の価格でこの条件は小林製薬のグルコサミンも満たしていたのですが、大正グルコサミンは個別包装で祖母が自分で出して飲めると言う点が大きかったですね。

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ