オリヒロの高純度グルコサミンと大正グルコサミンを徹底比較!

  • LINEで送る

オリヒロ 大正グルコサミン小分け

アマゾンや価格.comで人気のオリヒロ高純度グルコサミンと、私が一押ししている「大正製薬の大正グルコサミン」

どちらが良いのでしょうか!?
色々な項目を徹底比較してみました!

グルコサミンの含有量は?ほぼ同じ

まずは、サプリ1日分のグルコサミン含有量を比べてみます。

  • オリヒロ 高純度グルコサミン:1,500mg(1日10粒)
  • 大正製薬 大正グルコサミン:1,500mg(1日6粒)

これはどちらも同じです。
グルコサミンは1日に1,000~1,500mg摂るのが基本ですから、それに合わせている感じですね。

ちなみにオリヒロの方には、鮫軟骨抽出物(コンドロイチン硫酸含む)100mgと書いてあります。
魅力的に感じるかもしれませんが、これはほぼ意味がありません。

コンドロイチン硫酸は1日に800mg摂らないと意味が無いので、こんな少量のコンドロイチン硫酸には期待できないです。

飲みやすさは?大正グルコサミンの方が飲みやすい

粒の大きさは?

大正製薬とオリヒロ01これはあまり差がありません。
大きさはほぼ同じと考えていいですね。

1日に飲む粒の数は?

粒の大きさはほぼ同じですが、1日に飲まなければならない粒の数が違います。

  • オリヒロ 高純度グルコサミン:10粒(1日分)
  • 大正製薬 大正グルコサミン:6粒(1日分)

1日に飲む粒の数は少ない方がいいですね。

オリヒロの10粒というのはちょっと多すぎます。
もちろん1回で全てを飲む必要はありませんが、考えただけでも少し疲れます。
私の祖母もそうなのですが、特に高齢者の場合は飲み込むストレスもなるべく少ない方がいいですからね。

写真で見比べてみると、10粒と6粒の違いがよりわかるかと思います。

  • オリヒロ 高純度グルコサミン
  • オリヒロ錠剤

  • 大正製薬 大正グルコサミン
  • 大正グルコサミン錠剤

飲みやすさのまとめ

粒の大きさと個数を考えると、大正グルコサミンの方が飲みやすいかなという感じです。

また、オリヒロは1つの瓶にまとめて入っているので、毎日数えて飲まなければなりません。
しかし、大正グルコサミンは1日分が個包装になっているので、数える手間がありません。

トータルとしても、大正グルコサミンの方が飲みやすいといえますね!

価格は?オリヒロ高純度グルコサミンの方が安い

1ヶ月分の価格で比べます。

  • オリヒロ 高純度グルコサミン:約1,800円(1ヶ月)
  • 大正製薬 大正グルコサミン:約2,722円(1ヶ月)

およそ3分の2なので、オリヒロの方が圧倒的に安いです!
さすがamazonのグルコサミンサプリ売上ナンバー1だけありますね。

安全性は?大正グルコサミンの方が安心できる

原産地がどこか・どこの工場で作っているかということで比べてみます。

  • オリヒロ 高純度グルコサミン
    • エビ・カニの原産地不明
    • 中国の工場でグルコサミンを抽出
    • オリヒロ 高崎工場(GMP認定)で製品化
  • 大正製薬 大正グルコサミン
    • 東南アジアで採れたブラックタイガーを使用
    • 大正製薬 静岡工場(GMP認定)でグルコサミンを抽出・製品化

オリヒロのグルコサミンがなぜ安いのかなんとなくわかったような気がします。

オリヒロは日本の健康食品メーカーとしては大手です。

しかし、大正製薬はさすが大手製薬会社という感じがしますね。
管理体制が一段上といいますか、安心感が全然違います。

崩壊試験は?大正グルコサミンの方が圧倒的に溶けやすい

崩壊試験はしっかり溶けるかどうかのテスト

崩壊試験というのは、医薬品やサプリメントの粒・カプセルなどが胃の中でちゃんと溶けるのか?ということを示す指標になる試験です。

これは厚生労働省のホームページの「日本薬局方」というところに書いてあります。
簡単に言うと、特定の条件下で特定の時間内に溶けるかどうかということです。

オリヒロと大正製薬の崩壊試験結果

オリヒロも大正製薬も崩壊試験をしっかりと行っていて、その結果をメーカーに問い合せて聞いてみました。

  • オリヒロ 高純度グルコサミン:日本薬局方の規定である60分以内に溶けます
  • 大正製薬 大正グルコサミン:1分45秒で溶けます

オリヒロは何分で溶けるのか明確には教えてくれませんでした。

その点大正製薬はさすがで、圧倒的に早いです。
薬も作っているだけあってこのあたりはしっかりしています。

グルコサミンを摂っても消化や吸収がしにくかったら意味ないですからね。
粒やカプセルは溶けやすい方がいいです。

オリヒロ高純度グルコサミンと大正グルコサミンの比較まとめ

以上のように、オリヒロの高純度グルコサミンと大正製薬の大正グルコサミンをいろいろな観点で比べてみました。

価格は、オリヒロの方が圧倒的に安いです。
飲みやすさ・安全性・溶けやすさは大正グルコサミンの方が良いです。

大正グルコサミン小分けオリヒロが悪いというわけではありませんが、少し高くてもやはり大正グルコサミンの方がおすすめです!

もちろん、安い方がありがたいんですけどね。
私の場合は母や祖母にもグルコサミンを飲んでもらっているので、少しでも安心できるものの方がいいかな、という感じです。

大正グルコサミンは私もずっと飲んでいたので、より詳しい記事もあります。
そちらも参照してみてください。

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ