ロコモティブシンドローム・膝痛の予防は40代から!

ロコモ_関節骨が痛いイメージ「最近、膝が痛いなぁ」

と思うことはありませんか?

もしかしたら、それはロコモティブシンドロームの前触れかもしれません。

私も40歳を過ぎてから、とうとう膝痛の症状が出始めました。
症状としては、

  • 自転車に乗った後、膝が強烈に痛むことがある
  • 椅子に座って左足をブラブラさせると、何となく引っかかりがある
  • しゃがんでいて立とうとすると、スッと立てず、膝に何となく痛みを覚える

・・・こんな感じです。

30代の頃に比べると、いわゆる“スムーズな動き”が明らかにできなくなってしまったわけです。

私は膝痛について調べていく中で、「ロコモティブシンドローム」という言葉を知りました。
知れば知るほど、思っていたよりも身近で、誰でも成り得るものなんだなと実感しています。

そこで、ロコモティブシンドロームにしっかりと備えるための知識や予防方法をまとめていこうと思います。



ロコモ_トップロコモティブシンドロームに関する記事一覧

私はロコモティブシンドローム予備軍だった!?

ロコモ_膝痛は40代からケアちょうど、自分の祖母が介護を受け、膝痛で病院に通うのに付き添い、さらにグルコサミン選びに付き合わされたおかげで・・・自分も膝痛をケアしなきゃいけないんじゃ??って思いました。

で、そういった知識を得ようと思って本を読んでいくと、ロコモティブシンドローム「ロコモティブ症候群」「ロコモ症候群」「ロコモ」なんていう題名のついた本がかなり出版されていることに気付きました。

ロコモティブシンドローム予防のために40代から身体のケアが大事!

ロコモティブ?何それ?

最初はそんな感じだったんですが、調べていくうちに、ロコモティブシンドローム(ロコモ症候群)って、実は私のような40代からしっかりと意識して予防しないとならないものだと痛感しました。
そして、膝痛は40代からケアしておかないとならないって痛感しました。

なぜか???

それは、膝痛が原因で、将来、介護を受けるようになるリスクが、メッチャ高くなってしまうということがわかったからです!

膝痛から始まる悪循環…ロコモとは要介護リスク!

膝が痛くなったら動くのが億劫になります。
歩いたり、運動したり、もちろん走ったりとかしたくありません。

でも、そういう風に動かなくなることで、筋力が衰えます。
それに体重も増えます。
筋力が衰えて体重が増えると、関節に負担がかかります。
そうすると関節がさらに痛んで、さらに運動しなくなりますよね。

こんな風な悪循環を繰り返していると、やがて筋力が衰え、関節が動きにくくなり、日常生活に支障をきたすようになりますから、やがて介護を受けることになります。

こんな風に介護を受けるようになったり、介護を受けるリスクが高まることをロコモティブシンドローム、通称ロコモって言うのです。

早めにチェック!40代からロコモティブシンドローム対策を!

日本は、超高齢社会になって、寿命がどんどん延びていますよね。
だから早い段階で、日常生活が一人でできない体になってしまうと、その分長い期間、介護を受けることになってしまうわけです。

それは嫌だな・・・と、私は思うわけです。
せっかく長生きするんなら、自分の意思で、しっかりと動き続けたいですからね。

ところで、このロコモのきっかけになる関節の変化って、一般的に40代くらいから始まって、50代で「痛み」という形で、症状として顕在化するらしいんですよね。
ということは、40代の今から、打つべき手を打っておかないとならないって思ったわけです。

30代、40代であってもしっかりとチェックをして早めに対策を考えることが大切ですよ!

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ