井藤漢方のグルコサミンと大正製薬の大正グルコサミンを徹底比較

  • LINEで送る

私は「大正製薬の大正グルコサミン」を一押ししているのですが、一方でアマゾンや価格.comでは別の商品も人気があったりします。

その1つが、井藤漢方のグルコサミン。
実際のところどっちが良いのでしょうか?
一つ一つ、丁寧に比べてみました。

グルコサミンの量はほぼ同じ

井藤漢方のグルコサミンは1日12粒で1512mg、大正グルコサミンは1日6粒で1,500mgのグルコサミンを摂取できます。
グルコサミンの成分はほとんど同じですね。

それなら、他の成分はどうなの?ってことになるんですが、井藤漢方のグルコサミンには鮫軟骨エキスが1224mg、そのうちコンドロイチン硫酸が245mg含まれています。
でも、コンドロイチン硫酸は1日800mg摂らないと意味が無いのでちょっと少ないですね。

大正グルコサミンの方が飲みやすい

粒の大きさはほとんど変わらないですね。

井藤漢方と大正製薬

でもですね・・・1日に飲む量が全然違っていて、大正グルコサミンが1日6粒なのに対して、井藤漢方のグルコサミンは1日に12粒も飲まないとなりません。
※左が大正グルコサミン、右が井藤漢方のグルコサミン

大正グルコサミン錠剤井藤漢方グルコサミン

この差を見ると、絶句してしまいます。
私は、一度、井藤漢方のグルコサミン12粒を飲みましたが・・・メッチャきつかったです。
1日ならまだしも、これが毎日・・・ってなるとかなり辛いものがあります。

価格はほぼ同じでどちらも安い

大正グルコサミンは1ヶ月で2,722円で、一般的なグルコサミンの価格からすれば、まあまあ安い方です。
井藤漢方のグルコサミンもほぼ同じで、1か月分が2,830円ですね。

価格面ではあまり変わりませんね。

安心感があるのは大正グルコサミンか!?

グルコサミンの抽出という点に着目すると、安心感があるのは大正製薬の大正グルコサミンの方になると思います。

グルコサミンを抽出するエビ・カニはほとんど外国産

グルコサミンって、エビやカニの甲羅から抽出します。
そして、抽出したグルコサミンを固めてグルコサミンの粒を作っていくわけです。
国産にこだわる人とか、中国産は嫌だ!っていう年配の人だと、グルコサミンの産地はどこか?ってことにこだわるかもしれませんね。

じゃあ、グルコサミンの産地はどこか?ってことなんですがグルコサミンを抽出するエビ・カニについては国産ってほとんど無いと思ってください。
そこにこだわると、コストが高くなるらしいです(某健康食品会社の人の話)。

大正製薬の方がより多くの工程を国内で行っています

で、問題なのはグルコサミンを抽出する工程以降を日本の工場でやってくれているか?っていうこと。

メーカーに電話して聞いたところ、大正製薬は、グルコサミンの抽出から静岡の大正製薬の工場でやっています。
ただ、井藤漢方のグルコサミンは中国で抽出したものを日本に輸入しているようですね。

なので、安全性という点では大正グルコサミンの方が「安心できる」という点で優れていますね。

溶けやすさは圧倒的に大正グルコサミン

サプリメントの粒は胃の中でしっかりと溶けないと、必要な成分が体内に吸収されません。
以前行われたコンドロイチンの抜き打ち検査では、「体内で溶けない」ことが判明したサプリが、何種類も見つかったという報告がります。

私の知り合いのお医者さんも医薬品の場合は粒やカプセルの溶けやすさってメッチャ大切だ!って言っていました。

なので、この部分って注意して購入しないといけません。
では大正グルコサミン・井藤漢方のグルコサミンはこの点どうなのか・・・
崩壊試験の結果、大正グルコサミンは1分45秒、井藤漢方は60分以内での崩壊が確認されているそうです。
大正グルコサミンの方が圧倒的に溶けやすいようですね。

総合的に考えると、大正グルコサミンの方がおすすめ

さて、ここまで大正グルコサミンと井藤漢方のグルコサミンの比較をしてきましたが、どうしてもコンドロイチン硫酸も一緒に摂りたい!って人には、井藤漢方のグルコサミンがお勧めです。
しかし、そうでない人には基本的に大正グルコサミンの方がおすすめになります。

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ