グルコサミンの溶け方を比べてみた!

  • LINEで送る
崩壊試験ヘッダー

崩壊試験は個人ではできないですが、それぞれのグルコサミンがどのくらい溶けやすいのか?ってことは比べておいて損は無いと思います。

そこで、私は色々なグルコサミンを37度のお湯に5分間つけて溶ける速さがどのくらいちがうのか?ってことを調べてみました。
今回使用したのは、以下のグルコサミン。
※以下、正式な崩壊試験とは異なるので、ご了承ください。

7製品の溶け方を比べてみました

まずは、7つの製品の溶け方を見てください!

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセットの溶け方

小林製薬_グルコサミンの溶け方04
ほとんど変化は見られません。
少し泡が出ているような出ていないようなといった感じです。

サントリーのグルコサミンの溶け方

サントリー_溶け方04
ほとんど変化はありません。

大正製薬の大正グルコサミンの溶け方

大正グルコサミン_溶け方04
数分で溶けて、5分ではギリギリ原型をとどめている程度です。
とても溶けるのが速いですね

DHCのグルコサミンの溶け方

DHC溶け方04
ほんの少し表面が溶け始めたような、溶け始めていないようなという感じです。

井藤漢方のグルコサミンの溶け方

井藤漢方_グルコサミンの溶け方04
ほとんど変化はみられません。

オリヒロの高純度グルコサミンの溶け方

オリヒロ_グルコサミンの溶け方04
少し表面に泡が付き、付け始めたような気がします。

大塚製薬ネイチャーメイドのグルコサミンの溶け方

大塚製薬_溶け方04
5分経つと、ほとんど原型をとどめていません。
溶けるのがとても速いです。

溶けるのが速かったのは大正製薬と大塚製薬のグルコサミン

今回、溶ける速さを調べてみて、思ったのは溶けるスピードが速いものと遅いもので、ものすごく差があること。
とりあえず5分でどこまで溶けるかやってみたが、5分以内で溶けたのは、大正製薬の大正グルコサミンと、大塚製薬・ネイチャーメイドのグルコサミン。
ただ、この2つとも水に入れて1分30秒くらいで粒が壊れ始めています。

大正製薬の大正グルコサミンは5分でバラバラに

大正グルコサミン_溶け方

・・・5分後に、棒で軽くつつくとバラバラになった。

大正製薬崩壊5:00アップ

大塚製薬・ネイチャーメイドのグルコサミンは5分でバラバラに

大塚製薬_溶け方

・・・5分後に棒でつつくとバラバラになった。

大塚製薬崩壊5:00アップ01 大塚製薬崩壊5:00アップ02

5分で溶けるグルコサミンの一方で、5分くらいじゃ溶けないものも!

大正製薬や大塚製薬のグルコサミンは水に入れるとみるみる溶け出していくのがよくわかった。
一方で、ほぼ変化がないものもありました。
DHCのグルコサミン、オリヒロの高純度グルコサミン、井藤漢方のグルコサミンがそれにあたります。

この3つのグルコサミンは、5分間入れてみたものの、見た目にはほとんど変化がありませんでした。5分経った後、棒でつついてみたら表面が少し崩れましたが粒の原型はとどめていますね。

DHCのグルコサミンは、ほぼ変化なし

DHC溶け方

5分経った後に、棒でつついてみるとこんな感じ。
表面が少し崩れたものの、ほぼ変わらない。

DHC崩壊5:00アップ02

オリヒロのグルコサミンは、ほぼ変化なし

オリヒロ_グルコサミンの溶け方

5分後に棒でつついてみましたが、ほとんど溶けていません。

オリヒロ5:00アップ02

井藤漢方のグルコサミンは、少し表面が溶けた

井藤漢方_グルコサミンの溶け方

井藤漢方のグルコサミンは5分経った後に棒でつつくと、そこそこ、粒の表面が溶けている感じがしました。

井藤漢方5:00アップ01

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセットは、ほぼ変化なし

小林製薬_グルコサミンの溶け方

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセットは、全く変化がありませんでしたね。
5分経って棒でつついても、何の変化もありませんでした。

小林製薬5:00アップ01 小林製薬5:00アップ02

グルコサミンの溶け方を調べてみて思うこと

今回行った実験は崩壊試験とは異なるものの、実際やってみると粒の溶け方にかなりの違いがあることがわかりました。

抜き打ちテストで、半分が溶けにくさを指摘されたことも

他の記事でも書いたんですが、以前行われたコンドロイチン硫酸の抜き打ちテストの結果は衝撃的なもので18銘柄中9銘柄で、カプセルまたは粒の溶けにくさが指摘されたということ。
(詳細はコンドロイチンの抜き打ち検査についての記事を読んで下さい。国民生活センターにも詳細な記載があります。)
こういう事例があるということは、やはり粒の溶けやすさは気にせねばならないなと思います。

意外にも溶けやすさには結構違いが出る!

今回試したものは、メーカーに電話をして効く限り本物の崩壊試験では、日本薬局方の定める60分以内の崩壊基準を満たしたものばかりでした。
なので、この実験をもってどこか特定のメーカーのグルコサミンは効果が無い!ってことじゃありません。
ただ、これだけ粒の溶けやすさに違いが現れるものなんだということはわかっていて損は無いと思います。

購入時には、最低限「崩壊試験をやっているか?何分で溶けているか?」を消費者が確かめるようになればメーカーもいい加減なものは作れなくなります。
消費者の意識が高くなることで、サプリメントの質も上がっていくんじゃないだろうか・・・?と、グルコサミン太郎は思うわけです。

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ