DHC ロコモワンは注目の新成分SAMeの他多くの成分を含んだサプリ!

  • LINEで送る

ロコモワン_ボトル表DHCから新しいロコモ系のサプリが販売されていたので、早速購入して飲んでみました。
DHCの他の膝痛サプリについては別の記事にまとめていますので、そちらも参考にしてください。

DHC ロコモワンの基本情報

ロコモワン_ボトル表

  • 通常価格:4,320円
  • 定期価格:3,456円
  • お試し価格:2,160円
  • 目安量(1日分):4粒
  • 成分(1日分)
    • SAMe:220mg
    • N-アセチルグルコサミン:222mg
    • コンドロイチン硫酸:88mg
    • ヒアルロン酸:12mgなど

注目の新成分であるSAMeとグルコサミンよりも吸収力の高いN-アセチルグルコサミンが入っているのが特徴ですね。
他にも多くの成分を詰め込めるだけ詰め込んでいるという印象です。

DHC ロコモワンが届きました

ロコモワン_段ボールインターネットで注文してから、1週間ほどで届きました。
思っていた以上に大きなダンボールで届きました。DHCのいつもの段ボールです。


ロコモワン_段ボール開けたダンボールを開けてみると…。
ボトルそのものは小さいですが、緩衝材がパンパンに詰まっています(笑)


ロコモワン_中身同梱物もかなり多いですね。
詳しい説明がいろいろと書かれていたので、とても参考になります。

DHC ロコモワンのボトルは小さめで保管しやすい

ロコモワン_ボトル表ボトルの表はこんな感じです。
「オールインワン」ということと「SAMe」を強調していますね。
歩いているシルエットは、ロコモ系サプリの流行でしょうか。
どこのメーカーでも使っていますね。


ロコモワン_ボトル裏ボトルの裏にはお決まりの説明が書かれています。

ボトルは比較的コンパクトなサイズなので、保管しておきやすいですね。

DHC ロコモワンを実際に飲んでみました

ロコモワン_手の上いろいろな成分が入っているサプリですが、1日の目安量が4粒なのは少なくていいですね。


ロコモワン_長さしかし、1粒がかなり大きめのソフトカプセルです。
これは飲み込むときに注意が必要かもしれません。
高齢者の方が飲む場合は、特に気を付けてください。


ロコモワン_幅私は小さめの粒なら一気にいくつか飲むことがありますが、これはさすがに1粒ずつ慎重に飲みました。
いわゆるふつうのカプセルと同じだと思って飲んだ方がいいですね。

DHC ロコモワンのおすすめポイントは多くの成分が入っているところですが…

ロコモワンのおすすめポイントは、多くの成分を含んでいるということです。
「筋肉成分」「軟骨サポート成分」「やわらぎ成分」「頑太成分」が入っていると謳っていますね。

主な成分をまとめると

  • BCAA(ロイシン・イソロイシン・バリン) 80mg
  • SAMe含有酵母 220mg
  • コンドロイチン硫酸 88mg
  • N-アセチルグルコサミン 222mg
  • ヒアルロン酸 12mg
  • センシンレンエキス末 40mg
  • 海藻抽出物 40mg(アスコフィラン20%)
  • 金時ショウガ末 40mg
  • ボスウェリアセラータエキス末 20mg
  • DHA 281mg
  • EPA 36mg
  • 骨砕補エキス末 40mg
  • CBP(濃縮乳清活性たんぱく) 4mg
  • ビタミンK2 40μg
  • ビタミンD3 20μg

その中でも特に注目の成分なのはやはり「SAMe」
少し前に、膝痛対策の成分として出てきたというのを聞きましたが、大手のメーカーで商品化しているのは今のところDHCだけでしょうか?

また、従来の軟骨成分として、N-アセチルグルコサミンやコンドロイチン硫酸が含まれています。
しかし、これらは少なめですね…。
いろいろな成分を詰め込んでいるから、それぞれの成分量が少なくなっている印象です。

現状「ロコモ~」というサプリはプロテオグリカンを主体にしたものが多いです。
プロテオグリカンを含むサプリとしては、個人的にはサントリーのロコモアがおすすめですね。
ロコモアも軟骨成分と筋肉成分を含んでいるのが特徴で、サントリーが作っているという安心感もあります。
そちらのレビューもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ